歯ブラシとコップ

欠かせない治療

歯の代わりになるインプラント

インプラントは、歯周病で骨が溶けた人、かみ合わせに問題がある人、粗雑な治療によって歯を失った人、入れ歯が合わない人、矯正治療の必要な人など、歯のトラブルを抱える多くの患者さんにとって、今や欠かせない治療といっても過言ではありません。歯を失うと体の衰弱が始まり、食が変化し、栄養バランスが崩れ、気づかないうちに体が少しずつ衰えていきます。さらに体のバランスを保つ下顎の位置が定まらなくなり、姿勢が崩れ(肩こり、頭痛、腰痛)などが生じてしまいます。「インプラント治療が状況を一変」現在のインプラントの開発が始まった半世紀が経過しました。当初は、材質や形の面で問題あるインプラントもあったようですが、現在のインプラントはほぼ完成され、長期的な安定が期待できます。

患者さんが治療を受けやすいように

もちろん治療を行うクリニックの技術と経験が必要であることはいうまでもありません。そのためクリニック選びは大切ですから受け身にならずに、疑問に思うことはクリニックに相談しましょう。インプラント治療に不安を抱く方もいますが、植立は驚くほど簡単で、痛み止めを不要なことがほとんどです。よく噛め、違和感もなく、インプラントが入っていることも忘れてしまうほどです。骨が溶けてなくなった場合でも、現在では骨を増やしてインプラントが可能です。歯の代わりとなりインプラントで初めて噛みしめたとき、生まれ変わったような喜びに満ち溢れます。治療の効果はすばらしいものですが、(多くの歯を失うと本数が多くなり費用がかかる)ので、治療が受けやすいようにすることが、今後の課題でもあります。